母校訪問・校長先生にお会いしました

実行委員長の林美子@札幌です。札幌はさむ~い連休で、桜のつぼみもまだ堅いままです。

ようやく日差しの出た連休明けの7日、副委員長の加藤桂一君@札幌と母校を訪問し、富田敏明校長にお会いしてきました。目的は、ご挨拶かたがた、6月15日の東京六華同窓会総会・懇親会へのご出席と、当日配布するプログラムへのご寄稿を、改めてお願いすることです。いずれも快く引き受けてくださいました。

内閣総理大臣表彰を受けた学校林のことや、クラブ活動、同窓会の歴史など、話はさまざまな方向に盛り上がり、あっというまに時間がたちました。富田校長は今年4月に赴任したばかりで、「驚いたんですが」といって見せてくださったのが、生徒手帳の「生徒会々則」でした。前文が「私達高校生は平和で民主的で私達の個性の発展が妨げられるようなことなく、よりよい生活への誠実な希求が暖かく受け入れられ」云々で始まるなど、憲法もびっくりするような格調の高さです。私は全然覚えていなかったので、南高らしいな~と、強い感慨を覚えました。

富田校長をはさんで、記念撮影。

IMG_2426

 

その後、書道教室に寄って、今年の総会・懇親会のスローガン「Yes, we do(道)!~世界に舞う、六華~」を書いてくださった書道部の顧問、水間猛猪先生にご協力へのお礼をしてきました。ロゴを入れた名刺をお渡しし、チラシも、ロゴを一文字ずつ書いてくださった書道部の生徒さんたちにお渡しいただくようお願いしました。人数分のチラシ、大変喜んでくださいました。

IMG_2434

コメントを残す