プログラム完成間近!

完成間近のプログラム

編集局長を仰せつかっております、坂本 信です。

本日、2013東京六華同窓会のプログラムやリーフレット、ポスターの印刷をお願いしている山藤山陽印刷さんへ、プログラム制作の最終段階となる念校を受け取りに行ってまいりました。これで、同期の友人を中心に寄稿していただいた特集記事や広告、表紙など、全てのパーツが完成寸前の形で勢揃いしたことになります。実行委員会スタッフはもちろん、六華同窓生の皆さん、広告主のみなさん、印刷会社のご担当など、多くの方々の強力なバックアップのおかげで、ここまでこぎつけることができました。

写真は全ページが揃った念校です。ハイ、モザイクかけてます(笑)。プログラムが完成しても、本番の6月15日(土)に多くの方々に来ていただかなければ、2013六華同窓会が成功したとは言えません。完成品を実際に手に取ってご覧いただくためにも、6月15日(土)、東京九段のホテルグランドパレスにぜひお越しください。

よろしくお願い申し上げます。

オープニングライブ

本年イベント部長を拝命しました南30期の岩本秀光です。
(力山が代理投稿)

これまで以上に前向きで明るい時間を共有したい!という
今期実行委員会の思いを受け、新企画に悶々と悩む日々。。。

そんな中、昨秋参加した札幌の同窓会の現役南高生パフォー
マンスにヒントと元気を頂き、昨年メジャーデビューを果た
した山崎あおいさん(南62期)に、オープニングライブを
お願い致しました。aoisan

http://yamazakiaoi.jp/

実は、今回のテーマ「Yes we do!~世界に舞う六華~」を書
道部の皆様にお願いしたのも、山崎さんから実行委員会のメ
ンバーがFacebookで頂いたアイデアなのです。

写真のように、7月10日に新曲「夏海」のリリースを控え、
全国を飛び回る間をぬって、会場に駆けつけて頂きます。

着実に進化を遂げ、札幌が生んだノラ・ジョーンズになる日も
近い・・・そんな山崎さんのライブは、彼女と同期の皆さんは
もちろん、彼女の現役時代を知る方々も必見ですよ♪

ご来場、こころからお待ちしています。

実行委員会開催中!

林美子です。6月15日の東京六華同窓会総会・懇親会まで、あと1カ月を切りました。今日は、東京六華の事務局で実行委員会を開いています(まだ全員そろっていないけど、始めてます)。決めなければいけないことがたくさん。これからが本当の、正念場です。

IMG_2503

こぼれ話~生徒会々則、覚えてますか?

実行委員長の林美子です。先日、母校を訪問した時のこぼれ話です。

お会いした富田校長は、今年4月に赴任されたばかりです。南高に来て驚いたことがいくつかあるけれど、その一つに「生徒会々則」があると話されていました。私は全然覚えていなかったので生徒手帳を見せていただくと、「日本国憲法もびっくり」の前文が書いてありました。

IMG_2471

 

「私達高校生は平和で民主的で私達の個性の発展が妨げられるようなことがなく、よりよい生活への誠実な希求が暖かく受け入れられ、着実に満たされていくような可能性をもった社会を心から望み、それを理想としている」で始まる、ものすごく格調の高い文章です。内容や言い回しから推測すると、学園紛争のころに書かれたのではないかと思います。それが今まで続いている。生徒がどれほど意識しているかは別にして、校長先生は「すごい学校ですねえ~」としきりに感心していました。私たちもあんまりびっくりしたので、生徒手帳をいただいて帰りました。写真をはりつけますが、読めますでしょうか。

全体に、若者らしい高い理想や社会に対する鋭い批評を感じる文章です。内容は今の時代には合わないかもしれませんが、このようなことを高校生が考えていたのだと思うと、感慨を禁じ得ません。この文章を書いた先輩世代に敬意を感じるとともに、今の私たちもこの「生徒会々則」に恥じないよう、姿勢を正して生きていかなければならないと、珍しく真面目に考えたのでした。

母校訪問・校長先生にお会いしました

実行委員長の林美子@札幌です。札幌はさむ~い連休で、桜のつぼみもまだ堅いままです。

ようやく日差しの出た連休明けの7日、副委員長の加藤桂一君@札幌と母校を訪問し、富田敏明校長にお会いしてきました。目的は、ご挨拶かたがた、6月15日の東京六華同窓会総会・懇親会へのご出席と、当日配布するプログラムへのご寄稿を、改めてお願いすることです。いずれも快く引き受けてくださいました。

内閣総理大臣表彰を受けた学校林のことや、クラブ活動、同窓会の歴史など、話はさまざまな方向に盛り上がり、あっというまに時間がたちました。富田校長は今年4月に赴任したばかりで、「驚いたんですが」といって見せてくださったのが、生徒手帳の「生徒会々則」でした。前文が「私達高校生は平和で民主的で私達の個性の発展が妨げられるようなことなく、よりよい生活への誠実な希求が暖かく受け入れられ」云々で始まるなど、憲法もびっくりするような格調の高さです。私は全然覚えていなかったので、南高らしいな~と、強い感慨を覚えました。

富田校長をはさんで、記念撮影。

IMG_2426

 

その後、書道教室に寄って、今年の総会・懇親会のスローガン「Yes, we do(道)!~世界に舞う、六華~」を書いてくださった書道部の顧問、水間猛猪先生にご協力へのお礼をしてきました。ロゴを入れた名刺をお渡しし、チラシも、ロゴを一文字ずつ書いてくださった書道部の生徒さんたちにお渡しいただくようお願いしました。人数分のチラシ、大変喜んでくださいました。

IMG_2434